クレジットカード現金化って途中でキャンセルができるの?いざという時の方法を要チェック!

aihce2019.org
aihce2019.org

借金には抵抗があるから別の方法で現金調達したい、そんな人達に重宝されているのがクレジットカードを使った現金化です。なんかちょっとアングラな印象があって闇取り引き的な、こっそり行われている違法行為じゃ、なんてイメージもあるかもしれませんが、もちろん法に則った安全な取り引きですから安心してくださいね。
昨今ではインターネットでも現金化業者の広告をよく見かけますし、簡単な手続きで現金が用意できるのでとても便利。きっと興味があるかたも多いでしょう。
しかし、いざ手続きをしてみたものの途中で不安になった、他の方法で現金を作れそうなので現金化せずに済むかもしれない、そんな時にキャンセルができないと不便ですよね。もちろん、きちんとした業者を利用していれば問題なく取りやめることができます。その方法や、キャンセル時に気をつけておきたいポイントをご紹介していきましょう。

まずは現金化の流れを把握しよう

キャンセル方法を知るためには、業者ではどういう流れでクレジットカード現金化が行われるのかを理解する必要があります。なんだか複雑そうなイメージがありますが、実は非常なシンプルな手続きなんですよ。
まずは現金化業者のホームページにある申し込みフォームに必要事項を入力して送信、折り返し連絡先に電話がかかってくるのを待ちましょう。受付時間内なら直接業者に電話をかけてもかまいませんよ。
ここからの手続きは、すべて業者のオペレーターと口頭で相談しながら行われます。希望現金化額に対してどのくらいの換金率になって実際にどのくらいの金額が入金されるのかを教えてもらってから、次に業者が指定する商品をクレジットカードを使って購入します。決済が完了してそれを業者側で確認され次第、すぐに振り込みのための手続きが開始されるので後は待つのみ。
途中、わからないことがあったら質問しながら進めていけるので簡単です。

申し込み後にキャンセルできるタイミング

さて、ここまでの流れでどうやってキャンセルができるのかが疑問ですよね。
現金化したいという希望を業者に伝えた後は、必ず業者のオペレーターと電話口で話しをしながら手続きを進めていくことになるため、キャンセル希望もオペレーターに直接伝えることになります。やっぱりやめたいと思ったら、それをいうだけでOKです。
ただし、キャンセルが可能なのは通常、業者が指定する商品をクレジットカードで購入する前までになります。それまでであればいつでも大丈夫。理由なんて聞かれませんから安心してください。ネットショッピングをしようとしてやめた時に、なんでこれを買わなかったのかなんて問われませんしね。
もう少し検討したいといっておけば問題なし、後々やっぱり現金化したいと思った時にもう一度申し込んでも、もちろん受け付けてもらますよ。

業者によっては決済後のキャンセルにも対応

商品を購入した後にキャンセルができない理由としては、クレジットカード現金化業者の売りの1つが換金までのスピードだから、という点が挙げられます。申し込みから数分で振り込み可能、と謳っているところが多いですよね。ということはつまり、決済確認後に時間をおかずにすぐに入金作業に入るということ。やっぱりやめたいと思って連絡をしても、もう入金しちゃっていますよとなったらどうしようもありませんよね。
ですから、現金化に迷いがあるなら決済をするまでによく考えた後に答えを出すことが大切。ただし、現金化業者の中には決済が完了した後でも、すぐにならキャンセル対応を受け付けているところもあります。
気になる場合には、手続きを進める前にどのタイミングまでなら受け付けてもらうことができるか、予め聞いておくと安心ですよ。

キャンセル料がかかることもなし

決済までであればキャンセルが可能とあれば、業者を利用した現金化のハードルも随分下がりますよね。とはいえ、キャンセル時にキャンセル料が取られてしまったらと考えたらやはり不安。諸々のサービスにはいろいろな手数料がかかってくるので、現金化したいですと申し込んだのに業者に迷惑をかけるだけになることから、やはり手間賃も発生すると考えてしまうでしょう。
でも大丈夫。そもそも決済前であれば取り引き自体全く生じていませんから、業者からもキャンセル料を要求されるいわれはありませんし、業者も要求することはありません。逆に、キャンセル料が発生するとしているところこそ避けるようにしてくださいね。

さて、クレジットカード現金化は、現金化を希望するクレジットカードでショッピングをした上で、決済完了後に振り込まれる形で手続きが行われることがわかりましたね。この流れで、キャンセルは決済前であればいつでも大丈夫ということがわかれば、気軽に見積もりを取るつもりでいろいろな業者に話しを聞くこともできるでしょう。
難しい、ハードルが高いと感じる現金化も、気軽にできるものだとわかればいざという時に役立てることができますね。

aihce2019.org
クレジットカード現金化

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です